博物館三昧な日。(第5日目)

今日も朝から快晴!やったね。天気がいいとそれだけで心が弾みますね。

さぁ今日は美術館、博物館回りをするか。
まず行ったのは宮廷教会とチロル民族博物館。
この教会はマクシミリアン大帝の霊廟。
礼拝堂は今は修復中。たくさんの職人さんが・・・。
b0039373_14544342.jpg

(写真はその礼拝堂の天井、レリーフが美しい)
ここにあるパイプオルガンは16世紀の代物。
独特の音色なんだろうなぁ〜。と遠い昔を思う。

しかし28体のブロンズ像、またでかい。威圧される。
それも手に剣や大砲の弾を持っているし。
b0039373_1454275.jpg

(この人がマクシミリアン1世、やっぱり大砲の弾を持って
威嚇してるよ!)

チロル博物館のほうは扉が閉まっていたので、入って良いのか
悩むところだった。でも押し開けて入ってみると・・・
ここがまた広い。めちゃめちゃ広い。
チロルの人々の暮らしがかいま見える。
b0039373_14551157.jpg

ハイジの家を彷彿とさせる。
b0039373_1455414.jpg

これは何でしょう?フライパンじゃなくて、手足を暖めるための
行火(あんか)?・・・最近じゃ、映画パイレーツ・オブ・カリビアンの中で、
出てきましたよね!綺麗に彫ってあったりして、手が込んでる。
b0039373_14561095.jpg

糸巻きの道具。機織りの機械も反対にありました・・・写真を撮りましたが、
逆光で余りよく分かりません。(^^ゞ
b0039373_14564074.jpg

これ何だと思いますか?
トランプです。これを使って何枚も刷っていたのでしょうね。

ほのぼの。
昔の人のベットも展示。
b0039373_1457109.jpg

昔はチロルの人も小さかったのね。
私の身長よりも低そう。日本人も昔の人は、もっと小さかったから
同じような事なのか。
十分に堪能して、博物館を後にする。

ミュージアム通りを行くと・・・
b0039373_1453533.jpg

「チロル州立博物館フェルディナンディウム」に到着。
この博物館、中に入ると近代的。
受付を行くとクロークに荷物を置いてくれと。
2ユーロのコインロッカーに預ける。お金は後で戻ってくるとの事。
ヨーロッパの美術館は、カメラOKのところも多いからカメラだけは
提げて入ったら、やおら係の人が近づいてきて・・・
すみません、それも置いてきてくださいと。
あぁ、駄目なんだぁ。残念!!いっぱい絵が展示されているから
写そうと思ってたのに・・・・(>_<)
地下1階地上4階建ての建物は、見応え十分。
地下は古代の石器時代、青銅器時代、鉄の時代などなど世界史で習ったなぁ
の世界が広がっていた。
ちょっとパンフを読もうと座っていたら、監視の人が巡回してくる。
結局どの階でも監視の人が回っていて、落ち着かない。
出会う度に「ハロー」「ハロー」とにこやかに言っていたら
なんか疲れた。(@_@)階が上がるごとに現代に近づいていく。
モダンアートは余りよく分からなかったが・・・
それでもどれも迫力あり。
人々の表情がいい!訴えてくる。迫ってくるというか。
撮影できなかったことが、ほんと残念。

この日は午後からはトラベラーズチェックの両替やお土産を買う事に
した。何も買っていなかったもので。
ガイドブックを読んでいたら、市中の銀行のほうが両替の手数料が
安いとあったので、オーストリア銀行に飛び込んだ。
どこで両替できますか?と聞いて、その列に並んで自分の順番が来て、
話をしたら・・・
「ここで替えたらめちゃめちゃ手数料が高くなるから、インフォメーションで
替えなさい」で場所は〜〜〜と親切な銀行員さん。
言われた通りインフォメーションで替えたら、250ユーロで、10ユーロの
手数料。日本円の時はもっとあったのに、段々減っちゃうのね。
アメリカみたいにトラベラーズチェックが、そのまま使えたらいいのに。
現金主義のヨーロッパ。

お土産も買い込み、もう手一杯。
お水やパンを買いたかったけど・・・もう持てないと
一度ホテルへ戻る事に。
ホテルで一服して、ちょっと元気になり、近所のスーパーへ行くか!
スーパーって結構楽しいんですよね。
(この旅で何回スーパーに入ったか?)
見た事がない野菜とか果物も並んでいるし。
オーストリアの人たちは、りんごをかじりながら歩いていたりするん
ですよね。かっこいい!!
そのりんごもあり。これがかわいい小ぶりのりんご。日本のものよりも
一回り小さい。小さいと言えば、無花果も小さかったですね。
いちごやブルーベリーは大容量で売っていて、買いたい衝動に
駆られましたが、一人で食べるには多すぎるし。(@_@)
白菜やしょうがなんかも売っていましたよ。

スパイスやお塩もいっぱいあったのですが・・・
塩も有名なんですが、さすがにこれも持って帰るのは重いし。
b0039373_14524029.jpg

お天気も良かったので、ホテルの部屋から山が見える・・・
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-09-12 15:28 | travel