今日はオーストラリアから離れて、ドイツへ

って、ドイツに行った訳ではないのですが・・・
週末東京出張に行っていた夫が、ユーハイムの「東京バウムシュニッテン」
を買ってきてくれた。(何でも東京限定らしい・・・笑)
b0039373_1022494.jpg

ユーハイムと言えば、バウムクーヘン・・・それに割とどこにでも
お店を出しているので、珍しくないと言われないように東京限定
だったのか。(笑)
それはさておき、先日「ドイツからの贈り物」という番組を見た。
その中にこのユーハイムも出てきた。
第一次世界大戦中、広島でドイツ人捕虜となっていたカール・ユーハイムが、
初めて日本でバウムクーヘンを紹介した人だったとか。
ドイツではバウムクーヘンは、特別なお祝いの時にしか焼かないらしい。
確かに時間もかかるし大変な作業ですものね。
材料がシンプルで、異国の地日本でも材料入手が比較的簡単だった
ところと、そのシンプルさ故に日本人の口にも合って、スムーズに
日本に広まっていったらしい。
ユーハイムが捕虜として日本に来ていなかったら、バウムクーヘンが
日本人の口に入るのも、もっと遅かったかもしれませんね。それに
もしかしたらこんなに有名になっていなかったかも。

そう考えるとこの運命にも感謝です。捕虜にして無理やりというのは・・・
悲しいですが。(>_<)

さ、「東京バウムシュニッテン」、カール・ユーハイムとの出会いを
感謝しつつ、紅茶とともにいただきましょう。
b0039373_102517.jpg

[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-01-29 10:27 | foods