今日は聖メアリー大聖堂から・・・

聖メアリー大聖堂(中のステンドグラスが素晴らしい・・・)、
b0039373_1754289.jpg

州立図書館、
b0039373_1735547.jpg

タウンホール(市庁舎、今も現役。1889年ヴィクトリア様式)
b0039373_17131772.jpg

などオーストラリアの古い建物は、
やはりヨーロッパの建築に似ている。
が・・・色が違う。オーストラリアの建物は蜂蜜色の「砂岩」で
造られている。バスで郊外を走っている時にも、砂岩の地肌の
地質をあちこちで見る事が出来た。
b0039373_1724891.jpg

メアリー大聖堂の向かいのハイドパークに、おもしろい木があったので、パチリ。
巨大な穴が一杯開いている。これは何の木だろう??
b0039373_17102748.jpg

こちらはシドニー湾の回りにある家々。
綺麗。イタリアの人たちもオーストラリアには、たくさん移住
してきているので、テラコッタの屋根が目立つ。
b0039373_1784864.jpg

木々とオレンジの屋根のコントラストが美しい。

ロックス地区(ロックスは元々土着のアボリジニが住んでいた場所で、
1788年にヨーロッパ人が最初にオーストラリアに入植したところ
ロックスの名前の通り、岩を切り開いて街を造った)
は古い街並みが残り・・・
b0039373_178336.jpg

この写真は砂岩をそのまま削り取って切り開いた
切り通し。アーガイル・カットと呼ばれる。アーガイル・カットは、
ロックス地区の東西を結ぶ通路として、1843年以降数年かかって
原始的な道具のみで、こつこつ切り開いて造った道である。
(もっと近寄って撮れよ!ですね(^^ゞ)

あ!オーストラリアのポスト。イギリスと同じように赤い。
b0039373_17112484.jpg

[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-02-01 17:20 | travel