カテゴリ:travel( 89 )

碧い空


b0039373_1034058.jpg


太陽が眩しい。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2011-05-27 10:37 | travel

お土産?

b0039373_8534361.jpg

どこのお土産?

おまんじゅうが・・・
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-06-27 08:55 | travel

岐阜へ

日付の順番がめちゃくちゃですが・・・
先々週は友達といざ岐阜へ。
って言うか、思いっきり連れて行ってもらったんですが。(^^ゞ
だからどこを通ったのやら?
復習しております。(苦笑)
行きは大野から158号線と156号線を北東に走り高山まで
行ってきました。
途中ひるがの高原の分水嶺公園。
b0039373_1940652.jpg

太平洋と日本海に流れが分かれると言われても、ちょっと
ピンと来ない場所ですが・・・水を流してみるべきだったか。
高山は人が多くてめちゃめちゃ暑かったです。
b0039373_1940244.jpg

(と言う割には人が写っていない?撮るのに苦労したんです・・・なんて)

帰りはせせらぎ街道を南西に。
b0039373_19411766.jpg

(こちらも車がいないって?白樺の林が広がる高原。標高1000m)
このせせらぎ街道・・・避暑地になっているのか
あちこちに別荘が。
途中おおくら滝に寄り道してみました。
b0039373_19405333.jpg

(皆様にも涼しさのお裾分け)
滝はマイナスイオン一杯でものすごく涼しかったです。
付近には未だに「ヤマボウシ」の花が咲いていました。
でもその滝から駐車場に戻る道が山道(のぼり)で(苦笑)
あの涼しさは〜〜嘘だったのか〜と言う具合に汗、汗、汗。

でも福井に比べたら標高が高い分、涼しいところが多かったのでは
と帰ってきてから思いました。森林浴できましたよ。(^^)v
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2008-08-04 19:46 | travel

小布施・安曇野

長野から小布施へ向かう。
40分くらいだったか?
小布施は観光地化されていた。
町並みも綺麗に整い、綺麗過ぎて・・・
少し風情に欠けるような気も。(^^ゞ

「日本のあかり博物館」「北斎館」を巡る。
どちらもおもしろかった。
北斎の肉筆は力強く、また緻密で感心
してしまった。
「男浪」「女浪」怒濤二面が、印象に残る。

その後岩松院に立ち寄る。
ここにも北斎の「八方睨み鳳凰図」がある。
1848年北斎89歳の時の作品とは
思えぬほど、色も鮮やかで・・・力強さがある。
迫力があり、迫り来る。

もう少し小布施でゆっくりしたかったが、
急ぎ安曇野へ向かう。
その途中「姥捨サービスエリア」から長野市街地を臨む。
b0039373_19473228.jpg

ここからはとっても景色が良い。
(写真をアップしてみたが、春霞でちょっといまいちです)

安曇野のリサーチがあまり出来ていなくて、
行き当たりばったりになってしまった。
(大王わさび農園へ行かなかったのが、心残り)
一番の目的は、「ちひろ美術館」
その前に「ジャンセン美術館」に立ち寄る。
こちらはあまり人もおらず、ゆっくりと鑑賞できる。
80点ほどあっただろうか。
マチエルがしっかりして、私好みの作品が並ぶ。
お勧めです〜。

「ちひろ美術館」は・・・
ものすごい人の多さで、ごった返していた。
ちひろの絵は、昔から知っていたが・・・
安曇野に住む古い友人が、私の子供が亡くなった時に
ある一枚の絵を送ってくれて、それ以来
深く心に残るように。是非とも一度
安曇野へ行き、実際にこの絵にご対面してみたいと
思っていた。ようやくその日が来たかと
感慨もひとしおだったが、あいにくその絵はなかった。(^^ゞ
残念〜〜。
(でも今年夏に、福井にやってくる!やったね)

この日は白馬に宿泊。
安曇野から白馬への道は、景色がとっても良くて、
福井で白山山系の山並みを眺めている私でも、
感動の連続。

なぜ、人は高い山並みを目にすると感動するのか?

とにかく素晴らしい景色が広がっていた。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-05-26 16:27 | travel

長野の続き。

長野でほかに行ったところは、善光寺さん。
長野へ行ったなら、ここへは行かねばである。

先日紹介した戸隠神社。
個人的にはもう少し知られているのかと思っていたが、
英会話の時に話をしたら、案外知っている人がいなくて
長野以外では知られていないのだろうか??

それに比べたら、善光寺。
こちらはご存じの方も多いと思う。
お寺と言えば、宗派があるのが普通と思っていたが、
善光寺はどこにも属していないらしい。
「南無阿弥陀仏」の文字が。
(でも浄土真宗ではない)

ここでお戒壇巡りをする。
真っ暗な堂内を歩き、本尊様と繋がれた極楽の錠前に触れ、
秘仏と結縁を結ぶ。
全く真っ暗で前を歩く人も何も見えない。
その錠前までは、結構遠くて・・・
最初はうわぁ〜、怖いよ〜〜と思ったが、
だんだんと無になって進む。
ちゃんと結縁を結ぶことができました。

善光寺さんの門前には、仲見世が並ぶ。
初めて「おやき」を食べる。
野沢菜を頂くが、とっても美味しかった。
(実は・・・お昼ご飯にありつけなかったので、
これがお昼ご飯代わり・・・笑)
翌日、翌々日と2箇所で「おやき」を食べるが、
お店によって全然味が違い・・・
こうも違うのかと驚く。個人的には善光寺の門前の
ものが、一番美味しかった。
お腹が空いていたから??

この日は長野で宿泊。
市内に迫るように高い山がそびえていて、
不思議な感じだった。市内の中心部近くに、
こんな高い山があるなんて・・・
今まで見たことがないような。

戸隠から善光寺への道も、山を下ってきたら・・・
いきなり善光寺に着いたので、
やっぱり険しい地形。

次の日は小布施、安曇野へ。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-05-25 16:26 | travel

雪と桜

この対比、とってもいいですよね〜。
連休、信州へ行ってきました。
信州は春まっさかりと言った感じで、
花も咲き乱れ、とっても美しかったです。

とっても良い季節だったせいか、
どこへ行っても人が多くて、それには
閉口。(>_<)

この写真は、白馬で撮ったものです。
5/6まで春スキーが出来るなんて、
いかに寒いかです。
b0039373_2144279.jpg

ちょっと分かりにくいかなぁ〜。(^^ゞ
雨が降っていたもので。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-05-08 20:45 | travel

いざ、長野へ・・・

5月はもっと頻繁に更新するぞ!と思っていたのに、
出足からつまずいております。(苦笑)

信州旅行。
いつもてんこ盛りで写真を撮ってくるのに、
今回は・・・全然写真がありません。

と言うのも、実はCFカードのメモリーが残り
わずかで出かけてしまい(O.O;)(o。o;)、
要らない写真を消しながら、撮すと言う・・・
何ともお粗末なことで。充電は完璧だったのに、
どこか抜けております。(>_<)

笑ってやってください。

高速道、北陸道はほとんど混んでいませんでした。
長野道はちょっとだけ。でも3kmの渋滞が
侮るなかれ。30分くらいは浪費したでしょうか?
結局戸隠神社(奥社)に着いたのは、12時を回っていました。
で!
車を停めようと思ったら、全然駐車場が空いてない。
人だらけ〜。どこを向いても人、人、人で
あふれかえっています。山奥なのに、こんなに
人が多いなんて、ビックリしてしまいました。
b0039373_21203922.jpg

参道は途中から山道で、片道40分かかります。
誰かが早歩きで登って行ったので、結局30分で行ってきました。
疲れました・・・そんなに急がなくでもね〜。

社のそばには、今も雪が残っていました。
寒いのですね〜。

こんな山道にも関わらず、子供や赤ちゃんも多くて・・・
それにワンちゃんも多くて・・・
ちょっとビックリしました。
b0039373_212918.jpg

カタクリの花も咲いていました。
(こんなに葉っぱがグロテスクだとは、知らなかったです)
北陸では4月くらいに見かけるのではないでしょうか?

水芭蕉の群生地もあり、そば道場や蕎麦屋さんも
一杯ありました・・・

戸隠そばは有名です。なので食べようと思っていたのに
結局そばにはありつけずです。

つづく。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-05-07 21:05 | travel

ハイデルベルクへ

今日はパソコンに嫌われております。
文章も写真も入れて、さぁ!と思ってクリックしたら、
終わってしまうこと2度。
もういい加減、辟易しています。
でも逆に意地になって、こうなったら
絶対にアップしてやる!!!


午後からはハイデルベルクへ。
b0039373_21154812.jpg

b0039373_211595.jpg

ライン川支流のネッカー川沿いに位置する大学都市。
まずはハイデルベルク城へ。
b0039373_21142950.jpg

オットー・ハインリッヒ館。
b0039373_2114461.jpg

この足形。
合う人はいませんか?
そこのあなたピッタリでは?!
b0039373_21152820.jpg

これは・・・その昔、王妃が若い騎士と
浮気をし、逢瀬の最中に王が帰ってきてしまい、
取るものもとりあえず騎士は靴だけはいて
窓から飛び降りた。その時に出来た足跡だとか。
ピッタリの人は、その浮気の相手!(笑)
b0039373_21131086.jpg

これ何かと思ったら、「樋」だとか・・・
ずいぶんと立派なものですね。

b0039373_21133528.jpg

街角。ドイツらしい家が並ぶ。
ドイツのスーパーで一昨年オーストリアで買って美味しかった
チョコを見つけたので、買う。インスブルックよりも
物価が高いような。同時にドイツ製のクッキーも買ったの
だが、ドイツの人々はあまり食にはこだわらないと言う話を
後で聞き、ん〜〜美味しいのかな?と心配しながら帰ってから
食べたら、美味しいじゃん!!
しかし同じものが、福井の西武にもあった。(^^ゞ
なんか日本には、ないものがないよね〜。としみじみ。

学生牢。軽犯罪を犯した学生などが、捕らえら入れられた。
b0039373_21134745.jpg

[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-01-26 21:21 | travel

ライン川下り

ライン川を下ります。
b0039373_227266.jpg

と言うことは・・・上りもあるようです。

路地の向こうにブドウ畑が見えたので、一枚。
b0039373_228541.jpg

なんかすごいですよね。
ものすごく高いところに整然と並ぶぶどう畑が・・・。
b0039373_2292365.jpg

なんとなく撮った一枚。
b0039373_22102576.jpg

両岸を共に鉄道が走っていて、絶えず貨物列車などが
通っていました。最近日本じゃ貨物ってあまり見かけない
ですよね?
b0039373_22104088.jpg

こちらねずみ城。
なぜねずみなのか???

両岸にお城が点在していました。
b0039373_22123931.jpg

b0039373_22133454.jpg

だんだんと晴れてきています。

b0039373_22143782.jpg

そして有名なローレライ。
ここは以前はもっと川幅が狭く、流れも速く水面下に
多くの岩が潜んでいたため、航行中の多くの船が事故を
起こしたらしい。
b0039373_22175331.jpg

そろそろ船を下ります。
あっという間の40分でした。
11月だったので寒くて、ずっとデッキに出ていることが
できず・・・ちょっと残念でした。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-01-15 22:26 | travel

ドイツへ向けて

明日は夫の上司のお宅での新年会に、
私も招かれて出かけることになりました。
存じ上げない方も多いので、いささか緊張です。
でもまぁ何とかなる・・・でしょうか・・・。


さぁ旅行記を再開します。

って、どこからだったっけ?と言う状況になりそうですが。(苦笑)
最初が抜けていたので、最初から・・・。
日本を飛び立ち、まず機内食。
(機内食って、なんか小さくなったような気がします
器が軽量化されただけなのかな???)
b0039373_20101968.jpg

眼下には
b0039373_20113371.jpg

氷に覆われた世界が広がります。
夏のユーラシア大陸とは、また違った表情です。
b0039373_20122438.jpg

2回目の機内食。
なんかお腹が空いているような空いていないような?

着いたのはロンドン、ヒースロー空港。ここからドイツの
フランクフルトへルフトハンザ航空で向かいます。
ちょっと遅れていました。
ホテルに着いた時には、もう日本時間じゃ夜中?

早く寝なくちゃとばかりに寝ました。しかし夜中の2時くらいに
なると一度目が覚めてしまって、眠っていられて4時まで?
そういうのが何日か続きました。
前回の時もがんばって眠って、やっぱり5時まで。
それ以上は眠れません。
慣れたら帰ると言うパターンで、ちょっと辛いですよね。

ま、そんな話はさておき、ホテルの部屋からの眺めです。
b0039373_20134137.jpg

ドイツの朝はいつも曇っていて、霧もかかったりして
どんよりとしていました。
そして10時くらいを過ぎると晴れてくると言うパターン
でした。福井の冬の晴れの日にも似ているかも
しれません・・・。

ライン川クルーズにつづく。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2007-01-11 20:26 | travel