カテゴリ:movie( 40 )

インセプション

毎日暑い日が続きますね。
体調を崩されていませんか?
昨日はゆっくり休んだと言うのに、なぜか疲れています。(^^ゞ
疲れた顔をしているやら、魂が抜けていますよ
と言われてしまいました。
反省・・・・・・。

おもしろいと聞いて「インセプション」を観てきました。
2時間半と言う長丁場だったのですが、長時間
観ていたと言う気分にさせられないくらいに、
展開がはやくておもしろい映画でした。

人の夢の中に潜り込んで、アイデアを盗んだり
あるアイデアを植え付けたり。
人の夢の中には、私も入ってみたい気はしますが。w
自分の夢には展開に限度があるし。
おもしろみに欠けると言うか・・・。

どうでしょう?
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2010-08-17 19:33 | movie

Dr.パルナサスの鏡

b0039373_1915192.jpg


今日は平成22年2月2日なんですね〜。
おぉ〜!!と思ったのですが、結局誰にも言わず、
また誰も何も言わなかったので。
ここでちょっと書いてみました。w

不純な動機で見に行った「Dr.パルナサスの鏡」。
ジョニーデップが出ているし、内容もなんとなく
面白そうかな〜と。
ジョニーデップが出ているなら、『パブリック・エネミーズ』
を観に行ったほうが良かったのですが、
ファンタジーのほうがいいかな?と。
待てど暮らせど出てこないし、やっと出てきたと
思ったら、すぐに終わり。w
なぁ〜んだこんなにちょっぴりだけだったのね。

で、おもしろかったのか?
まぁまぁおもしろかったです。
少し消化不良。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2010-02-02 19:08 | movie

マイケルジャクソン THIS IS IT

b0039373_18213583.jpg


「マイケルジャクソン THIS IS IT」
最初は観るつもりがなかったのですが、結構良かったって
話を聞くうちに・・・
行ってみよ!
って軽いノリで行ってきました。

観て第一に思ったのは・・・
返す返すもロンドン公演が出来ていたら良かったのになぁと。
はなはだ残念です。
(って別に自分が行けるわけじゃないけれど)
映画というよりはライブを観ているような
そんな感じでした。

素敵なエンターテイメントショーでした。
やっぱりライブっていいですね〜。ドリームです。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-11-07 18:10 | movie

アマルフィ

b0039373_1013292.jpg


最近全然映画のカテゴリーを更新していないなぁと気づく。
この3年1本も見ていなかった訳ではないのですが、
それでも以前に比べると、ほとんど見に行かなくなって
しまった気がします。(これも不況の影響か?!)
当たらずとも遠からずだと思います。

それと是非とも映画館で見たいと思わなくなったのと。

でもこの間「アマルフィ」を映画館で見たら、
やっぱり映画館で見ると迫力が違うなぁ~!と。
久々の映画はそれなりに良かったです。

アマルフィの景色は最高でしたし。
(ツアーも組まれているんですね)
イタリアはやっぱり良さそうです。
という風に世界遺産の映像を見るだけでも価値のある映画じゃ
ないかということで出かけたのですが。(苦笑)
内容もおもしろかったです。
テンポ良く展開して、あっという間に時間が過ぎたし。
織田裕二がかっこよく描かれ過ぎていましたが。w
音楽ももちろん良かったです。
サラ・ブライトマンの歌声はいいですね~。

DVDが出たらもう一度見たい映画です。

More
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-09-14 10:18 | movie

嫌われ松子の一生

先日BSで放送されたので見てみた。
本も話題になっていたが、読まずじまいだったので。

ちょっとしたボタンの掛け違いから、人生が
思わぬ方向に転がっていく。

ここまで大げさでなくても、誰の人生にも起きる
事なのではないかと思った。
何気なく取った行動が人との出会いをもたらし、
また別れももたらす。

人はみんな愛されたい。
愛されるべくして生まれてきたのだから。

本当は愛されているのに、その愛に気づかなかったり。
また愛していることを上手く表現できなかったり。
お互いにお互いを思っているのに、その思いが
通じなかったり。

言葉を授かったのにこれを上手く操ることは
なかなか難しい。

あちこちぶつかって傷つきながら、それでも
懸命に生きていくしかないのかもしれない。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2008-11-02 14:09 | movie

「間宮兄弟」と「X-MEN(ファイナル・ディシジョン)」

って、列記して書くのは、ちょっと変かも
しれませんが・・・お許しあれぇ〜。

間宮兄弟

間宮兄弟を観てきた。
佐々木蔵之介と幼少期、割と近いところで
過ごしていたので・・・
もしかしてすれ違ったこともあるかも?
なんて思ったり。
んな訳ないけど!!
それに同級生Iさんや友達Nさんに似ている顔なので、
京都では多い顔なのか?!と思ったり。
それでちょっと親近感が湧いて、
注目している役者さんの一人。
前置きが長い!

で、映画のほうはと言うと・・・
兄弟愛?!
兄弟の仲があまりに良すぎて、最初は
気持ち悪いと思ったが。
段々とこんな兄弟もおもしろいなぁ!と。
実にほのぼのチック。
同性の兄弟ってこんなのかしら??
(私には分からない世界。笑)

そして周りに出てくる人たちも
個性的な人が何人かいて
(演技の面で)
個人的には常盤貴子が良い感じ♪


この撮影中、塚地は一体何本のコーヒー牛乳を
飲んだんだろう?!とつまらないことを
考えてみたり。(笑)


X-MENファイナルディシジョン

映画鑑賞券をもらっていたので、見に行ってみた。
実は・・・
1,2も見ていなかった。(__;)
それで理解出来るのか?といささか心配だったのだが、
案外わかりやすかったです。(笑)
(って、大事な部分を理解していなかったりして)

ハル・ベリー、髪型が違うとこんなに違うか??
と言うのが一番印象的で。(笑)
(どこを見ているのだ?)

いろいろな超能力を持った人たちの話で、
去年観た「ファンタスティック・フォー」と
似ているなと思った次第です。
(監督が一緒でしたっけ?)

超能力を持っている事が苦しみになっている
ようで、何の能力を持たない私なんぞは、
その辺の感情が理解出来ない。
特殊な能力を持つって、どんな感じかな?
って、あくまでもお気楽に想像してみる。


ファイナルという割には、なんか最後に余韻を
残し・・・実は、また次回作が出来たりして?
と思ったのは、私だけでしょうか??
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-09-25 17:02 | movie

パイレーツ・オブ・カリビアン(デッドマンズ・チェスト)

パイレーツ・オブ・カリビアン(デッドマンズ・チェスト)を見てきた。
ようやく・・・か。(笑)
長いとかいろいろと言われていたけど、確かに長かったかも?
「3」への布石なのだろうが、この人たちは何の意味があるんだ?
と言うところもあったり。
(直接「2」には、関係のない寄り道あり)

これで1年近く待つのか?!!と言う「2」の終わり方。(苦笑)
「次はどうなるんだぁ〜?!」と叫びたい心境に。(笑)
「3」の前にもう一度、「2」を見直さないといけないよ。
うまくしてある。(苦笑)

「1」の時のように、エンドロールの後に何かあるのか?!
と思って待っていたら、やっぱりあった。
(ほとんどの人たちは、立ち上がって帰ってしまっていたが)
さきほど書いた「この人たちは何の意味があるんだ?」
と言うその人たちが出てきたので、やっぱり「3」では
活躍するのか??(笑)

全体としては、笑い所もいろいろちりばめられていておもしろかった。
(結局そうなってしまうのか!)

こういうシリーズ物の場合、結局「1」が一番
おもしろいような気が。(^^ゞ
(って、「3」がものすごくおもしろかったらごめんなさい!)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-08-20 17:03 | movie

サイレントヒル

サイレントヒル

夢遊病者の娘が発する「サイレントヒル」と言う言葉から
実際にサイレントヒルへと向かう母、娘。
そこには何があるのか?何が待っているのか?
その場所は、30年前に大火災が起こり、今も火はくすぶり続けていて、
誰もその場所には近づかない。
道も柵で封鎖されている・・・。
その柵を突き破って、入っていた親子がみたものは。

ホラー映画ですが、作りがとっても良かったです。
最初はこの場所がこの親子にとって、どういう意味を持っているのか
さっぱり分からなかったのだが、だんだんとその「なぜ?」が
明らかになっていく。

母親からの救助の電話に、父親もサイレントヒルへと向かう。
でも捜せども、捜せども・・・二人の姿は見つからない。
気配は感じると言うのに、どうして見つからないのか?

子役の少女の表情が、とっても印象的で・・・
うまい!!!!とうなってしまいました。
目が語っていました!
一人で二役をこなしていたのですが、全然違うキャラを
上手に演じ分けていました。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-08-02 19:49 | movie

ブレイブストーリー

映画「ブレイブストーリー」を見てきた。
宮部みゆきの同名小説をアニメ映画化したもの。

宮部みゆきは好きな作家だけれど、
なぜかこの本は読んでいなかった。

読まなくて良かった。
映画を存分に楽しめたので。(笑)

大人から子供まで、みんなに見て欲しい映画。

私はすっかり感情移入して、隣にいる友人を
忘れて、泣きに入っていた。(笑)
気づかれていないと思っていたのに、
泣いていたのは、すっかりばれていた
ようだ。

あぁ、恥ずかしい。(笑)
(涙腺が弱くなって、あかんね・・・)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-07-16 20:07 | movie

リバティーン

「リバティーン」
を観てきた。
ジョニー・デップはどうして、
こんな役ばかり引き受けるのか?
脚本を3行読んだだけで、出演を決めたと言うから、
感性にピッタリと寄り添ったのだろうが。
(分からないでもない)

実際に存在した人。
ロチェスター伯爵の半生を描いた物語。

いつも世の中をハスに見ている。
シニカル。
正面から向き合うには、繊細すぎるのか?
酒で紛らわそうとする。
才能がある。
危なっかしい面がある。
心に闇を持つ。

いろいろな要素を入れすぎたために、
(時系列にあった事を並べただけのところがあり)
中途半端な感じになってしまった。
ちょっと残念。

最後に思うのは・・・

男と女は、自然に惹かれ合う。
男は女を赦し、女は男を赦す。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-06-18 11:39 | movie