カテゴリ:study( 66 )

難しい〜〜

師走に入りましたね。
慌ただしい季節になって参りました。

今日はそんな中、「アサーティブネス」の講座を受けてきました。
まだ明日も続くのですが・・・。
人間関係のより良い構築のために、どうすればいいのか?
難しい課題ですよね。

今日はイントロダクションでした。
明日は実践ということで楽しみです。

More
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-12-05 18:42 | study

越前焼の窯へ

b0039373_22251112.jpg


越前焼の窯を見てきました。
1200℃でじっくりと焼いていきます。
5日間です。
(いきなり温度をあげると、水分を含んだ生地が
割れてしまいます。なのでゆっくりと1200℃へと
あげるそうです)
1200℃になってからは、5分間隔くらいで
薪をくべていきます。
ちょうどそんな時に見せてもらったのですが・・・
窯の中で火は、生きているようにうねり、
またその光はとてもまぶしくジッと見ていると
目を焼きそうな感じでした。
レンズ越しに見ていてもそんな調子でした。
長時間に渡りじっくりと見ていた訳でもなかった
のに、帰るときには少し頭の奥が痛いようでした。
火の番をしている人は興奮してしまって、夜も
寝苦しいらしいそうです。分かる気がしました。

とても貴重なところを見せてもらえて良かったです。


写真では炎が走っている様が如実に出ていないのが
残念です・・・。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-07-20 22:26 | study

外貨 メモ

b0039373_18223496.jpg

このブログを見ていたら、2004年には外貨を買っていた模様。
でも一番最初に始めたのは、12月だったと記憶しているので、
2003年くらいだったのかな?

買ったドルを円に交換しないでずっと持っている人もいる
ようですが・・・、私はちょこちょこ円→ドル→円に戻している
ので、銀行への手数料を結構払っているなと感じる
今日この頃です。w

昨年秋には急激な円高に見舞われましたが、何ヶ月かぶりに
100円に戻ってきましたね。87円になった時に経済アナリストが
70円になるとか・・・はたまた60円台になるとか言っていました。
相方は日本の経済状況から考えても、それはあり得ないと
言っていたのですが、今回は相方に軍配あり。

ま、それはさておき、今やアメリカの金利も日本同様低金利になって
しまったので、ドルの外貨預金もあまり魅力的ではありません。
豪ドルなどはドルに比べればずっと金利もいいですが、
なんとなく取引したことがない通貨は手が出せず。
(手数料も高いしね)

何が言いたかったのか?
自分でもよく分からなくなってきました。
100円に戻ってきてしまったなぁ~と。ユーロも110円台から137円に。
ガソリンも115円です。

今の数字をメモしておこうってことで。

※何の花なんでしょう?小さくでかわいい。

ぐだぐだついでに
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-04-06 18:24 | study

野菜ソムリエ教室

先日野菜ソムリエ教室に行ってきました。
と言っても私がソムリエになる訳ではなく
(え?・・・分かっていましたって)
野菜ソムリエの方のお話を聞くと言うことで。
野菜の選び方と珍しい野菜果物の試食をさせて
いただきました。

試食したものは・・・
アイスプラント、フルーツトマト2種、さんごしょう、マンゴー3種、
ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、キワノ、ベビーキウイ、
パッションフルーツ
ブラッドオレンジそしていちご3種

印象的なのはアイスプラント。
これは変わっていました。植物なのにそのものがちょっとしょっぱくて、
普通の青菜を食べている感覚とは、全然違いました。
他に例えようがないのが残念です。(笑)
癖になる人と嫌いになる人に分かれそうです。
そしてさんごしょう。こちらは最近話題になっていました、
ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせたものです。
味は全くもって、カリフラワーとブロッコリーを混ぜた味でした。
サッとゆでて塩だけで試食したのですが、美味しかったです。
機会があったら購入してみたいです。

フルーツは正直言って、ドラゴンフルーツとキワノ、スターフルーツは
あまり美味しくありませんでした。(苦笑)すっぱいものがお好みと
いう方には、キワノもいいかもしれません♪
やっぱり美味しいのはオレンジやマンゴー、そしてなんと言っても
いちごですよね。
あ!ベビーキウイは美味しかったです。普通のキウイとは品種も違って、
形はキウイにそっくりだけれど、味は違いました。
南国っぽい味で甘かったです。

さてお土産に大根をもらって帰ったのですが、この大根が・・・
めちゃめちゃ甘くて美味しくびっくりでした。
さすが野菜ソムリエが持ってくるものは違う?w
(出所を聞きたいものです)

野菜の選び方についての話を全然書いていませんが・・・
長くなったので次回に。
(試食した話しか書いてないし・・・おいおい)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-03-17 17:41 | study

ひとめぼれ

「ひとめぼれ」と言っても、誰かに一目惚れ016.gifしたという
話ではなく、お米の話。一目惚れって、パッとみて好きに
なることなんですか?いまいちよく分からないんですが。
って、すっかり脱線しているし。002.gif
全農みやぎからお米がおくられてきた。
ちょうどお米が無くなりそうだったので、
つなぎにありがたかった。
b0039373_17511923.jpg

全員プレゼントで当たったもの。(そういうのは当たったとは
言わないか...汗)

ふっくらが売りらしい。
いつもはコシヒカリを食べているので、食べ比べといきますか~。
b0039373_17501495.jpg

炊いたお米はこちら。
って、見る限りじゃ...いや、精米したての割にはちょい
パサパサしているように見えてしまった。

好みの問題が多いに働くと思うけれど、私はやっぱりコシヒカリの
ほうが好きかも。
ごめんね~~。007.gif
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-03-16 17:43 | study

コーヒーパーティー

先日地元のラジオ局のイベントに参加してきました。
美味しいスイーツと珈琲を振る舞ってもらい、
ミニジャズライブを聴いてきました。

そこで教えてもらった美味しい珈琲の入れ方。
ただ生豆と焙煎でおいしさの9割が決まってしまうという話。
豆選びには慎重にならないといけない。
(実際に豆を見比べたが、良いのと悪いのとでは肌が全然違った)

お湯の温度は85〜87℃。ちょうど沸騰して火を切って
7分経過したくらいがこの温度。

豆の量は
1人分→15g
2人分→25g
3人分→25+8g
とそれ以降は人数が一人増えるごとに8gを足す。
豆は飲む都度にミルで挽く方がよい。

のの字をかくように湯を注ぐ。ケトルは口の細いものを使う。
良い豆だとここで膨らんでくる。
4人分をいれるのに、2分40秒で抽出するのが理想。
最後の一滴まで出し切らない。(雑味が出る)
人数分に達した時点で、ポットの上からドリッパーを外す。
途中細かいところは書いて説明できないので省略。
すみません・・・

苦い豆だと感じたら・・・ミルで荒く挽く、粉の量は少なく、温度は低く、
抽出時間は短くする。
また酸味の強い豆だと感じたら・・・上記の逆にすればよいとのことであった。

最近我が家はカフェプレスを使うので、たまにはペーパードリップも
いいかなと思う。同じ豆でもできあがりは全然違う。

すっかり珈琲話に終始してしまいましたが、ジャズトリオの
演奏と歌は、良かったです。やっぱり「生」はいいものだなぁ〜と。
ジャズと珈琲相性いいですね。珈琲とスイーツも抜群。
とても良い時間を過ごすことができました。
満足、満足〜♪
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2009-02-23 13:23 | study

経済のお勉強

大学に経済の講義を受けに行っていました。
大学生と一緒だったので、とても新鮮でした。
ただ自分が大学生の頃って、こんなんだったかいな?
とちょっと思いました。
(でも多分こんなんだったんだろうなぁ〜)
何に違和感を感じたかは、コメント差し控えます。(笑)

実は1回すっぽかしてしまいまして。(^^ゞ
ほんとはそれが一番聞きたい話だったかも。
あぁ、しまったよ。(涙)

90分二コマ×7回の講義は、全部話し手が違ったので・・・
切り口も違っていて、様々な角度からこれからの
日本企業のあり方やM&A戦略についてなど
とても興味深いものでした。

経済に(いや何もかもですが・・・)疎いので、
いろいろと勉強になりました。

たまには大学を覗くのも、いい刺激になります。
ただ聞いた事をすぐに忘れちゃうんですが・・・
ダメじゃん。

そのとき来られていたサントリーさんから・・・お土産を
もらいました。(^^ゞ
モーツァルト チョコレートクリームリキュール
美味しそうです。モーツァルトの肖像画でおなじみの
オーストリアのチョコ会社をM&Aで獲得して出来た
商品でしょうか。
またハーゲンダッツアイスもサントリーだとは
知らなかったです〜。

b0039373_11103514.jpg

[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2008-07-20 10:56 | study

ハーブを使って・・・

ハーブなどの香りものが好きです。
でもなかなかそのハーブを上手く利用できず、
料理ではイタリアンを作る時に適当に・・・
ほんと適当に使っています。

他の利用方法を求めて講習会に参加してみました。
皆さん興味津々で大盛り上がり。

消臭作用のあるハーブ*レモン、ペパーミント、ユーカリ
蚊除け作用のあるハーブ*レモングラス、ティートリー、ラベンダー
            ローズマリー、ペパーミント
ペット消臭効果のあるハーブ*レモン、ペパーミント、レモングラス


3,4種類混ぜて作ると良いとの事だったので・・・
私が考えて作ったエッセンシャルオイルの配合は
レモングラス10滴
ペパーミント5滴
ラベンダー10滴
レモン3滴
ローズマリー2滴

この5種類30滴。
最初ローズマリーを入れずにレモン5滴にするつもりでしたが、
少しローズマリーが香ると爽やかな感じがしたので
変更してみることに。
結果は・・・レモンもラベンダーもどこへやら。
レモングラスが強すぎ。
レモングラスにペパーミントは、結構いつまでも香りが
残るタイプのよう。
配合してみないと分からないものです。
でもこれはこれでなかなか爽やかな感じで
良いような気もしてきました。
どっちやねん!

基本のレシピは・・・
40度のウォッカ25mlに好きなエッセンシャルオイルを30滴
垂らして、そこでよくシェイク。
最後に精製水125mlを加える。
また攪拌。
できあがり。
(半年ほど保つそうです)


次回の参加は見送ろうと思っていたのに、
成り行きで行く事に。(苦笑)
何が出来るかな?
b0039373_2104399.jpg

※写真は全然関係のないアジサイ。(汗)
雨の日にパチリ。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2008-07-04 21:12 | study

美味しいお茶のいれ方

先日美味しいお茶のいれ方講座に参加してきました。
そこで聞いた事を再復習いたします。

お茶の木は割と強いらしく、苗木を買ってきて
一冬越せば、後は順調に育つそうです。
そして立春から数えて88日目の新茶摘みをしたいなら、
冬に咲く花は採ってしまったほうが良い茶葉になります。
出回っているお茶は一番茶が7割。後は二番茶など。

産地は・・・
1.静岡
2.鹿児島
3.三重
4.宮崎
5.京都
(個人的には三重は意外でした。そして埼玉などは
入らないのですね〜)

日本茶は・・・煎茶が8割。残り2割は豆入り番茶、玉露、抹茶など。

この日頂いたのは・・・
●京都和束町の荒茶(在来種)←今、在来種は珍しく、この日頂いたものには
70年物の木から採取されたものが混じる。普通蒸し煎茶
●静岡掛川市の「やぶきた」深蒸し煎茶
●鹿児島頴娃町の「ゆたかみどり」深蒸し煎茶


普通蒸し煎茶は蒸し時間が20〜30秒で、作られています。
清々しい香り、すっきりした渋みとほのかな甘みのバランスが特長。
深蒸し煎茶は蒸し時間が普通蒸しよりも2,3倍長い時間をかけます。
なので葉の繊維質がもろくなり、細かい葉になっています。
とても濃厚でまろやかな味、いれたお茶は濁りのある水色。

さて日本茶を美味しくいれるポイントですが!
●茶葉の量
1人分2,3g(ティースプーン山盛り1杯)が目安

●湯の量と温度
茶碗を使って湯を入れる。湯の計量が出来、
湯冷まし効果あり。(茶碗に注ぐことによって、そこで
10〜15℃温度が下がる)また茶碗を温めることも出来る。

茶碗に注ぐ 70〜80℃
急須にそのお湯を入れる 60℃
(玉露などは・・・40℃くらいでも良い)

●浸出時間
煎茶・・・基本1分
ほうじ茶・・・即注ぐ
玉露・・・2分

お茶を注ぐ時には、まわし注ぎで、最後の一滴まで注ぎ切る!
この一滴を注ぎ切ることで、二杯目のお茶の味が変わる。

味の成分
カテキン(渋み)・カフェイン(苦み)は低温での抽出は難しく、
80℃以上の高温で浸出。
またテアニン(甘み)は湯温には関係なく、時間をかけると
よく浸出する。2分以上。

b0039373_19282548.jpg

※携帯カメラだったので(言い訳)、お茶の色がメチャメチャ
悪いですが、本当はもっと良い色でした!
左から京都、鹿児島、静岡

いやぁ〜、これが・・・お茶の味が三つそれぞれに全く違いました。
丁寧にいれると美味しいですね♪
京都の荒茶は、本来のお茶らしい味と香りで、とてもすっきり
していました。少し草っぽい自然の香りもしていましたが、
これはこれでいけるなと思いました。

そして鹿児島「ゆたかみどり」は・・・甘みを感じ、少し濃厚な
感じでした。まったりしているというか。最近人気の品種だと
思います。違うかな?個人的にはこれが一番好きかも。

そして最後の静岡「やぶきた」は、こちらもすっきりとしていて、
少し渋みも感じさせる味わいで。さっぱりしているのがお好みの
方には、こちらがお勧めです。

ご飯のおともには、京都の荒茶や「やぶきた」かもしれません。
そして客人に出すには、「ゆたかみどり」でしょうか?
6杯ほどお茶を頂いたので、最後には満腹に。(苦笑)
あぁ、茶菓子も欲しかったかも。(笑)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2008-06-03 19:30 | study

見たことありますか?

こちら、まるでパイナップル。
b0039373_2145584.jpg
でも観賞用のパイナップル♪小型でかわいい。食べる事も出来るとか??

そして続きまして・・・
これは何でしょう?
b0039373_21474094.jpg

一日に何杯も飲んでいる方も?!

正解は、コーヒーです。
こんな風になっているとは、知りませんでした。
葉っぱと葉っぱの間に実がドッサリ。

数年前、観賞用にコーヒーの木を育てていました。
大切にしていたのに、福井の冬には耐えられなかったようです。(T.T)
家の中に入れていたのに〜〜。
ま、北陸で育てるのは、無理なんでしょうか・・・。

最後にこちら。
b0039373_21542938.jpg

レモンの出来損ないだと思っていました。
ところが名前を読むと・・・
「仏手柑」
の文字が。
仏手柑と言えば、手を広げたような形にならないとダメなのか?
と思っていたのですが、こういう種類もあるようです。
「丸仏手柑」と思われます。
ちょうど握り拳にも見えたり。(笑)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2006-11-02 22:02 | study