<   2005年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

大雪

と言われていたが、今日の積雪は5cmくらい。
2/3くらいまでこの寒波は続くらしいので、
まだまだ油断はできない・・・

今年はこまめに除雪をしたせいか、それとも
積雪量が少ないためか・・・生活に支障を来していない。
少しは雪かきがうまくなったかな?(笑)

金沢では「雪すかし」と言うらしい。
福井では・・・「雪かき」?
もっと違う表現の仕方もあるのかな?
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-31 17:36 | problem

ネバーランド

このごろ映画館で、映画を観ていない。
今気になっているのは・・・「ネバーランド」と「オペラ座の怪人」

とぐだぐだ考えている間に、「ネバーランド」を先日観てきた。
これが結構良かった。かなり良かった!
子供なのに子供らしくなく、大人びた風な口をきく
ピーター少年(フレディ・ハイモア)。
かたや大人なのに少年の心をもった「ピーター・パン」の生みの親
「ジェームズ・バリ」
一番子供らしくあってほしい年頃なのに、多感な少年の心は
大人の動向に左右されて、千々に乱れる。本当は素直に振る舞いたいのに、
自分を無理に大人に仕立てて、なんとかバランスを保とうとする。
そんなピーター少年の言葉に、私の心も揺さぶられる。

四男マイケルを演じていた子供のしゃべり方がとてもキュート。
初めての演技だったらしいが、その木訥とした喋りに惹かれた。
バリとの最初のやり取りが、何とも言えず無垢で愛らしい。

子供の目線に合わせて「ジェームズ・バリ」を演じていた
ジョニー・デップの演技が良かった。→今年度もオスカー候補
(少し「エド・ウッド」と、だぶって見えてしまったが・・・
髪型のせい?)
子供たちの母親シルヴィアを演じたケイト・ウィンスレットも
「タイタニック」の頃よりも貫禄が付いた感じがした。
1903年のロンドンの母親にしては、急進的なタイプだったらしいが。

いろんな人に感情移入してしまって、忙しかった。(笑)
ジェームズ・バリの奥さんメアリーも、なんだか気の毒で・・・
ジェームズがディヴィス一家のほうへばかり傾倒するから、その孤独感を
考えたら、ついそれにも同情。

最終的に「ネバーランド」をピーター少年は見つけられたのか?
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-31 15:55 | movie

人口よりも多い雪だるま

人口より多い雪だるま
そう遠くない場所で、こんな催しをしているなんて知らなかった。
雪だるまを見ていたら、色々な表情があって可愛らしい。
まるでみんなで談笑しているように見える。
2000個以上の雪だるまにお目にかかれるなんて、圧巻かも
しれない。
2/10白峰の「雪だるま祭り」に行かれてみては、いかがでしょう?

現段階で、ここは全然雪がないけれど・・・
やっぱり白峰のほうは違うのだろうな。きっと。
それにこの日曜からは、日本海側は猛吹雪の荒れた天候に
見舞われるとか。
1週間も雪だるまマークが並ぶくらいだ。
何の心配も要らない・・・それよりも降りすぎが怖いくらい。

なんとか大荒れになりすぎませんようにと、祈るばかりだ。
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-29 00:54 | etc

酒びんでは、ありません・・・(笑)

b0039373_19591277.jpg昨日紹介した本の繋がりで、この本には載っていなかったが・・・
個人的に美味しいと思って、食べているのは、
とば屋酢店の「壷之酢」
ここのお酢、最初食べた時はちょっと癖が
あるかな?と思うけど・・・
段々と、はまってしまう。
酢の物に使うだけじゃなくて、
焼いた魚にちょっとたらしてもいい、
魚臭さも取れて食べやすくなる。
(お酢に弱い方には、お勧めできませんが・・・)

※お酢屋の回し者みたいだ。(__;)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-29 00:30 | foods

夕焼けが

今日は暖かな一日でした。
車に乗っていても、少し窓を開けたくなる・・・
そんな陽気でした。
車に吹き込む風には
確かに「春の匂い」を感じました。
ちょっと心が浮き立つような。

ただ夜には寒くなってしまいましたが。

夕方、西の空を見上げたら、家々に隠れて完全ではなかったのですが、
ものすごく鮮やかな夕焼けが見えました。
燃えるような空でした。
って、それを見たのは私だけ??

なんとか家に帰る頃まで待ってて〜〜
(どこかもっとはっきり見える場所で、もう一度見たかった)
と言う思いも空しく、たどり着いた時は
夕闇が辺りを覆い尽くしていました。

あぁ〜〜残念!!!
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-28 21:12 | etc

対岸の彼女

b0039373_1018506.jpg角田光代著書。直木賞受賞。あらすじを読んだらおもしろそう
だったので、借りようと図書館にいけば、6人待ち(-_-;
一応予約を入れましたが…読めないとなると尚
読みたくなったりして。「ダヴィンチ・コード」の方もずっと
見掛けないと思っていたら、こちらも6人待ち。
こっちはもう少ししてから、予約を入れるかな(^-^;
同時期になってもキツイし…

今、ザッと単純に計算して、3ヶ月待ちって事か・・・
え?GW(@_@)?畏るべしベストセラー。

楽しみに待っていよう。
多分、本屋には走らない・・・・・・でしょう。(笑)

出版社からの内容紹介ーーーーー
大人になれば、自分で何かを選べるの?
女の人を区別するのは女の人だ。
既婚と未婚、働く女と家事をする女、子のいる女といない女。
立場が違うということは、時に女同士を決裂させる。


読んでみて・・・
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-28 19:17 | books

おいしいものはガラスびんに入っている

b0039373_2043467.jpgこの本、見ているだけでも充分に楽しくなる。
出てくる食品は、全部お取り寄せ出来るし、
日頃スーパーで見かけるものもある。
またそれを使ったレシピも掲載されているので、
さらに食欲をそそられる。
他にビンについての豆知識や空き瓶の活用方法なども
載っていて、ためになる。

今一番気になっているのは、「トマトジュース」・・・
「トマトジュース」好きなので、一度味わってみたい。

出版社:エーシームック

More
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-27 20:18 | books

博多蒸し

b0039373_23471587.jpgキャベツと鶏ミンチの重ね煮♪
(蒸しと書いた割には、煮てしまった・・・)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-27 00:10 | recipe (foods)

「REAL BLOOD」

ゴスペラーズ好きの友達が、REAL BLOOD「REAL BLOOD±0」のMDを
送ってきてくれる。REAL BLOODは本格的なソウル・ユニット。
メンバーは4人。
「ブラザートム」(小柳トム)さんもそのうちの一人。

特に「SILKの雨」は涙すると、言うのだが・・・
ヴォーカルワークが冴え渡っていて、最後にたたみかけるような
シルキーさんのファルセットがたまらないと。
誰かと相合い傘したくなると思える詩があったと
言う彼女が可愛い。(*^_^*)
(この誰か・・・ちゃんと固有名詞があるのだが、伏せておきます)
だから私が聴いてもきっとそういう気分になると言うのだ。(笑)
さてどうだろう?
とっても楽しみ!

今は時間があれば、「ムーランルージュ」の
「Come What May」(何があろうとも)
のヘビーローテーションなのだが・・・
こちらも心に染みる!!(>_<)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-26 17:02 | music

恋愛適齢期

b0039373_0122161.jpg「恋愛適齢期」を観た。
ハリー(ジャック・ニコルソン)、
エリカ(ダイアン・キートン)、
ジュリアン(キアヌ・リーヴス)の3人が織りなす
恋模様。

ハリーとエリカのやりとりを見ていると・・・
キュートで愛らしい。
最初はかなり険悪なムードだったのに。(笑)
恋の魔法にかかると、年齢なんて関係なくなるのね!と。

ハリーには心臓病の持病があるのだが、恋のドキドキで
胸が苦しくなっているのを、心臓病の悪化と勘違いして病院に
駆け込んだり、コメディチックで最高。
(ちょっと分かる気もするが・・・)

エリカのほうも、ハリーが他の女性と食事をしているのを、
見ただけで取り乱したり・・・
ただこの辺りの表現も重い感じにならず、どろどろもせず、
サッパリしている。
だから全体的にとってもさわやかで、楽しめた。

終始ジュリアンが気の毒・・・(^^ゞ
あんなかっこいいのに!←私情を挟むな(笑)
[PR]

by t.4.2.vm_ski | 2005-01-26 00:23 | movie